Instant Engineering

エンジニアの仕事の効率を上げるための知識をシェアするブログ。効率的な実験の計画方法、後戻りのない公差設計。

読書メモ:「早起き力」 神吉武司

早起き力 作者:神吉 武司 発売日: 2013/05/17 メディア: Kindle版 お菓子の卸販売をしている大阪の中小企業の社長本。早起きをして、まだ周りが動いていない早朝の時間帯から仕事を始めることの効用を説く。当然といえばそうかもしれないが、この「早起き」…

読書メモ:「一流の時間の使い方」 中谷彰宏

一流の時間の使い方 作者:中谷 彰宏 発売日: 2015/03/17 メディア: Kindle版 Kindle Unlimitedで見つけたので読んでみたら、面白い!中谷氏の著書はこれまでも何冊か読んでいるが、学びを得るためには、すなおな心でまっすぐ受け取ることが重要だと思う。こ…

読書メモ:『「すぐやる」力で差をつけろ」』 千田琢哉

「すぐやる」力で差をつけろ 作者:千田 琢哉 発売日: 2016/05/17 メディア: Kindle版 Kindle Unlimitedで見つけたので読んでみたら、面白い! 仕事だけでなく、自分の人生において刻んでおきたい言葉や思考の収穫がたくさんあった。ここまでする人があるのか…

トヨタ生産方式における「自工程完結」とは:品質は工程でつくり込む

「品質は工程でつくり込む」(=自工程完結)とは 「後工程はお客様」という考えのもと、後工程には絶対に不良を送らず、一人ひとりの作業の範囲内で品質を点検する考え方を自工程完結といいます。 簡単に言い換えると、自分の作業範囲は自分で品質を保証す…

トヨタ生産方式における「工程の流れ化」とは:細くて速い流れ

工程の流れ化とは トヨタ生産方式では「工程の流れ化」を考えるとき、生産ラインを「細くて速い流れ」にすると表現します。 川の流れが細ければ、何かの障害物でせき止められても、すぐに原因が見つかり、問題が解消すれば、もとのスムーズな流れに戻ります…

トヨタ生産方式における「少人化」とは:「省人化」との違い

少人化による真の能率向上 生産現場において一番重要視されるムダは「つくりすぎのムダ」です。 (トヨタ生産方式の7つのムダの中でも筆頭に挙げられる。) このつくりすぎのムダにより「運搬のムダ」が発生し、保管場所が必要となることで「在庫のムダ」が…

トヨタ生産方式における「標準作業」とは:必要数でタクトを決める

標準作業とは 標準作業とは、人の動きを中心として、ムダのない効率的な生産を行う作業のやり方(=作業のお手本)のことです。 標準作業をつくる目的は、つくり方のルールの明確化であり、改善の道具にするためのもので、「標準のないところに改善はない」…

実験の精度を高める創始者R.A.フィッシャーの3原則

実験計画法とは 実験計画法とは、効率の良いデータの取得方法を計画し、適切な解析結果を与えることを目的とする統計的手法で、イギリスの統計学者ロナルド・A・フィッシャーが農業試験のために考案した。 Sir Ronald Aylmer Fisher (1890-1962) フィッシャ…