Instant Engineering

エンジニアの仕事効率を上げる知識をシェアするブログ/QC統計手法/公差設計・解析/TPS(トヨタ生産方式)

QC検定1級【論述】合格者による過去問解答集-手法分野-

QC検定1級 論述試験(二次試験) 手法分野 過去問の具体的な解答例を共有する

QC検定1級【論述】合格者による実践アドバイス!記述例有り

本記事のテーマ QC検定1級 論述問題の対策方法を伝授 本記事のターゲット ・QC検定1級取得を目指して勉強を頑張っている受検者 ・参考書や過去問で勉強できる手法や実践と違って、 論述はどのように対策すれば良いか分からず、困っている方 ・自分の論述問題…

カイゼン実践ガイド!トヨタ式問題解決法

トヨタの「問題解決」とは トヨタの「問題解決」のアプローチは、根本原因を徹底的に探求し、持続可能な解決策を実施することに焦点を当てている。 このプロセスは、「なぜ?」という質問を繰り返し、表面的な症状ではなく、問題の根本原因に到達することを…

「目で見る管理」を効果的に実践するための10個のKPI

「目で見る管理」とは 「目で見る管理」とは、作業現場やプロセスを視覚的に管理しやすくするための方法や仕組みのこと。この手法は、情報や状態を簡単に理解できるようにし、迅速な意思決定を支援することを目的としている。 例として、トヨタ工場の生産ラ…

トヨタ生産方式と標準作業の3要素

標準作業の設定、順守によるメリット 「標準作業」は製造業において極めて重要であり、プロセスを安定化させ、品質を保ちながら効率的に生産を行うための基盤となる考え方である。 1.品質の安定化: 標準作業によって作業手順が明確になり、作業者が一定の…

トヨタ生産方式で学ぶ在庫最小化の4つの前提

トヨタ生産方式における「在庫」最小限化の重要性 トヨタ生産方式において、在庫を最小限に抑えることは極めて重要である。 在庫が少ない状態を保つことで、不要なコストとスペースを削減し、企業の収益性の向上が可能となる。 例えば、自動車部品製造の現場…

トヨタで学ぶ予防保全の実践方法

保全の仕事とは? 「保全」とは、設備や機械、施設などを維持し、その性能や機能を長期にわたって保つことを指す。 これには、定期的な点検やメンテナンス、故障した部品の修理や交換、性能改善のためのアップグレードなどが含まれる。 保全の主な目的は、設…

トヨタ危機管理の核心:9つの特徴と実践事例

コロナショックからいち早く業績回復したトヨタ トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力 作者:野地 秩嘉 プレジデント社 Amazon リーマンショック時には赤字となったトヨタだが、コロナショック時は他の自動車会社に先駆けて業績を回復させ、…